本文へスキップ

功徳山 永勝寺は、延命子育て地蔵尊をご本尊とする、曹洞宗のお寺です。

院内設備各種法要等の申込について

お問い合わせは、電話・FAX・メールでお願いします

永勝寺への法事や開眼供養等の申し込み、お問い合わせは、こちらで受付しております。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。
電話:0480−85−0430
FAX:0480−85−7191
mail:mayutugu@gmail.com

平成30年4月申込分から、各法要での準備品を見直しました

檀信徒の皆様のご負担を軽減し、故人を偲ぶと共に仏様の教えに触れる機会として追善供養を実施していただけるよう見直しを行いました。なお、法要終了後の会席への出席は、基本的にご遠慮させていただきます。また、食事代やお車代のご心配もいりません。

法事(年回等追善供養)申込み

法事申込書:ご記入の上、FAX等でお申し込み下さい
 法事とは、本来はお釈迦さまの教えやご先祖様の心を知るということでしたが、しだいに故人への供養を勤めることを法事というようになりました。具体的には、法事は「追善(亡くなった方の冥福を祈って生きている人が善根を修めること)」の供養です。
  節目ごとに故人に手を合わせ、卒塔婆を立てお経を唱える等といった尊い行いをすることで、その功徳を故人に手向け、冥福をお祈りすることが追善の供養となります。
  追善供養は、「初七日」「二七日」「三七日」「四七日」「五七日」「六七日」「七七日(四十九日)」で忌明けし、一区切りになります。その後も、「百か日」「一周忌」「三回忌」「七回忌」「十三回忌」「十七回忌」「二十三回忌」「二十七回忌」と続き、「三十三回忌」又は「五十回忌」を弔い上げとして、その人の供養の最終回とします。
  法事は、故人を偲ぶと同時に、仏様の教えに触れるよき機会でもあります。

石塔開眼・位牌開眼 供養申込み

開眼供養とは
  開眼とは、新たに建立した墓石や墓誌、新たに制作したお位牌への魂入れのことをいいます。
  開眼をすることにより、単なる石であった石碑が仏様やご先祖様にお越しいただくことで「お墓」となり、お墓参りすることで供養ができるようになります。
  お位牌も同様で、開眼供養がすみますと、ご先祖様の魂が宿った「位牌」となります

撥遣(開眼戻し)供養申込み

撥遣(開眼戻し)供養とは
  開眼戻しは、今あるお墓への戒名の追加彫刻をおこなったり、お墓を新しく建立し直したり、お墓を移転したりする前に、「お墓」から魂を抜くことをいいます。
  開眼戻しにより、墓誌やお墓を石に戻した後、石材店様に作業をおこなっていただきます。
  なお、作業完了後には、魂入れのため、開眼供養をおこないます。

永勝寺大施食会:毎年、8月第1日曜日 午後3時打ち出し

http://eisyouji.com/IMG_2075.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_2073.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_2071.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_2070.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_2068.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_2065.JPG

御開山忌並びに花祭り法要:毎年、4月第1日曜日 午前10時打ち出し

本日、御開山忌並びに花まつり法要を行います

http://eisyouji.com/IMG_0711.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_0713.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_0714.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_0715.JPGhttp://eisyouji.com/IMG_0716.JPG





Total
アクセスカウンター
Today
アクセスカウンター
Yesterday
アクセスカウンター
曹洞宗 功徳山 永勝寺
曹洞宗 功徳山 永勝寺

〒346-0104
埼玉県久喜市菖蒲町三箇898-1番地
TEL 0480-85-0430
FAX 0480-85-7191
Email mayutugu@gmail.com

【電車の場合】
JR宇都宮線久喜駅・東武伊勢崎線久喜駅・東武スカイツリー線久喜駅西口を出て、菖蒲上町行きバス、仲井バス停下車、徒歩10分
JR高崎線桶川駅東口下車、菖蒲上町行きバス、終点菖蒲上町下車、徒歩15分
JR宇都宮線白岡駅西口を出て、菖蒲上町行きバス、上手バス停下車、徒歩3分
【自動車の場合】
圏央道白岡・菖蒲インターチェンジ下車4分
東北道久喜インターチェンジ下車12分
【永勝寺周辺地図】